サンドビックオスプレイ熱膨張係数制御合金による製品

サンドビックでは,熱膨張係数制御合金(CE合金)製の軽量で高剛性の製品を製造しています.英国サンドビックオスプレイ社製造のCE 合金製製品は、お客様の設計に合わせた特注品として,光学系部品,電子部品実装,半導体プロセス装置の構造部品や,サーマルマネジメント関連部品,および電子部品パッケージ製品として使われています.

もっと詳しく知る必要がありますか?

電話番号(代表) メールアドレス

他の材料と比較した場合の利点

CE合金は,他の様々な材料と比較して,以下のような多くの特徴と製品上の利点があります.

  • 密度
  • 熱膨張係数
  • 熱伝導率
  • 比剛性

CE合金は,他の競合する材料よりも軽量で,あらかじめ制御された熱膨張係数 5 ~ 17 ppm/°C の範囲で適した合金をご選択いただくことが可能です.
CE合金によるメリットについてさらに詳しい説明はこちらをご覧ください.

CE合金の主な特徴

  • 制御された熱膨張係数 (5 ~ 17 ppm/°C)
  • 低密度 (< 2.5 gm/cc)
  • 高熱伝導度 (120 ~ 180 W/m.K)
  • 高比剛性 (39 ~ 54 x103 Nm/g)
  • CE 合金は機械加工、めっき、溶接が可能です。

CE合金の特性に関するより詳しい説明はこちら

*Kovarは Carpenter Technology Corporation の登録商標です。

What happens inside a medium or high brightness LED before the actual light effect appears in a traffic light or the rear-lights of a car, is built on technical innovation.

Developing and producing equipment such as wire bonders for the assembly of semiconductors requires advanced knowledge and precision.

In the semiconductor wafer processing industry for electronic applications, a wafer chuck plays an integral part in supporting the wafer during processing.